Also Available in:

グリーンランドと南極の氷床は古いですか?

筆者: マイケル・J・オールド ()
訳者:クリエーション・リサーチ・ジャパン(sozoron.org)誌 No.18 2019年 10月

iceberg

私たちは何百万年もかかると主張されている様々なプロセスや出来事に日々曝されています。多くの人々は、石炭や石油が形成するのに何百万年もかかると聞かされています。グリーンランドと南極大陸の氷床も数百万年前と言われています。 グリーンランド氷床は数百万年前と同じ大きさであったとされていますが、南極氷床は3000万年以上前に成長し始め、1500万年前に現在の大きさに達したとされています。 

1960年代以来、科学者たちは氷床の底深くまで掘削してきました。氷が中空のコーラー(訳注:筒状芯抜き器)内に採取された後、科学者たちは氷の中のおびただしい数の変動(variable)を測定します。これらの結果から、グリーンランド氷床では10万年強、南極氷床では100万年近くの時間を遡れるとしました。彼らが実際にこれらの年数を測定したわけではなく、これから見ていくように、過去についての彼らの信念に基づいてそれらを推論したことに注意すべきです。彼らの考えでは、いつものことですが、これらの年代は最も正確なもののいくつかと考えられています。

グリーンランド氷床の最上部近くにある変動のいくつかは、年周期の記録(年層)です。そのため、年代は年単位の正確さだと言われています。科学者達は、年層から年代を決定するために木の年輪を数えるのと同じように、GISP 21氷床コアの底部の90%まで遡って、11万の年層を数えることができるとさえ主張しました。

氷床コアはおよそ6,000年の聖書の時間スケールに対抗する強い証拠と考えられています。 氷床コアは、ある種のクリスチャンたちによって、ノアの洪水が世界的ではなかったという「究極の証拠」であると主張されています。2

これはすべて本当にその通りでしょうか?いいえそうではありません!3データとその解釈を少しばかり確認すれば、それがわかります。テサロニケ第一5:21の御言葉「ただし、すべてをよく吟味し、良いものはしっかり保ちなさい」を当てはめてみる必要があります これが私の研究テーマです。私は、私たちへの神の誤りの全くない情報提供の書としての聖書と、救い主である主イエスへの信頼を堅く保っています。 そして、私は地球が提示するデータの表層的な解釈に止まらず、それを遥かに超えて行きます。 私は聖書の世界観に基づいて語るべきもう一つの物語があることを、発見してきました。4

グリーンランドと南極の氷床

氷は、主にグリーンランドと南極の氷床によって、地球上の土地の10%を覆っています。グリーンランド氷床の深さの平均は1,600 m(5,300フィート)で、最大で約3,400 m(11,300フィート)です。それは180万km2(70万平方マイル)の面積を占めています。南極氷床の深さの平均は1,900 m(6,300フィート)、最大で約4,200 m(14,000フィート)で、1,390万km2(5.4百万平方マイル)の面積を覆っています。

CC-BY-SA-2.5 Hannes GrobeGreenland-ice-sheet
グリーンランド氷床(東海岸、飛行機からの眺め)

グリーンランド氷床の平均降水量は32 cm /年(12.6インチ/年)で、南極大陸の平均降水量は18.6 cm /年(7.3インチ/年)です。グリーンランドの南東端は平均をはるかに超えており、遭難した飛行機Glacier Girlを、探検家が氷河の深部から回収したのはここでした(文末のボックス記事を参照 )。 南極大陸の降水量の大部分は海岸近くにありますが、氷床の高い所、すなわち頂部ではわずか5 cm /年(2 インチ /年)しか降らず、「極地の砂漠」と言っても間違いありません。 したがって、これらの年層は薄すぎて、年層方式による年代測定は不可能です。

雪が氷床の上に積もって氷に変わると、各年層の重さがますます減少します。圧力がかかっていると、氷は変形してプラスチックのように「流動」します。そのため、この蓄積された重量が、氷を側面から押し出します(上図を参照)。

これにより、雪と氷の年層が氷床内でより深くなるにつれて薄くなります。私たちの現在の気候における積雪の年間蓄積量は、夏の融解と海への氷の流出によってバランスがとれています。これらすべてのことが、古い年層についての私たちの解釈に影響します。

グリーンランドの年層についてはどうでしょうか?

グリーンランドと南極の氷コアで「見られる」古いとの解釈は、氷床が初めから古いものだという信念に基づいています。問題は、自然主義のパラダイム内の斉一説論的仮定にあります。 斉一論は1700年代後半の啓蒙主義時代から信じられてきた地球科学の教義です。 すべてのことが、私たちが今日目の当たりにしているのと全く同じように、何百万年にもおよぶゆっくりとした段階的なプロセスの結果であるとの確信に基づいています。啓蒙主義は、それまですべての真理へ至る道として用いられてきた聖書に対する、反乱の時代に出現しました。近代的な文化は、その時以来今日に至るまで啓蒙主義のこの傾向に追従してきました。

Uniformitarian-long-ages-flow-model

科学者達は、グリーンランド氷床は何百万年もの間同じ大きさであると信じています。この信念に基づいて、彼らは、氷床の底に達する時までに、頂上近くに見られる年層が一枚の紙より薄くなると仮定します。年層は、グリーンランド氷床コアの上層部約500 m(1,640フィート)で識別可能であり、薄層化のため、深い層ほど不明瞭になると考えます。 この薄くて深い層の数による古い年代設定が、斉一論科学者に彼らの時間スケール内において膨大な年数を提唱させる根拠になるのです。

たとえば、コアの下にある変動には何百もの前後の揺らぎがあります。それらは年層だけでなく個々の暴風雨、そして暴風雨内の変動によっても引き起こされます。 氷床が古いと仮定することによって、斉一論科学者たちは、薄層化が年層以外のすべてを消し去ったと信じています。 しかし、聖書の時間的尺度の内においては、氷河期には、コアのより下部の年層ははるかに厚くなるでしょう。 さらに、嵐や嵐の中の変化は消されないでしょう。 そのため、斉一論科学者たちは嵐や嵐の中の層を年層として数え、氷床の「時代」を大きく膨らませています。 当初、科学者たちはGISP2コアを85,000年としていましたが、彼らの前述の仮定にしたがって、「間違った」年代測定結果を得ました。それで、測定機器のうちの1つの解像度を上げることによって、彼らは再度測定を行い、氷コアの底部500メートルで25,000以上の「年層」を数えることになりました。5これが、彼らが、当初想定した古い年代である110,000年という古い年数を割り出した経緯です。聖書の時間的枠組みの中で予想されるように、氷床コアが1氷河期を示すだけであることもまた興味深い事実です。6

循環論法に基づく南極の老齢

NASABlue-Marble
大陸; NASAのBlue Marbleデータセットの正投影図

科 学者たちは、長い南極の氷床コアをほぼ100万年前の年代を示すと主張しています。 しかし、今日の降水量は非常に少ないのですが、斉一論科学者たちは過去においても同じであったと仮定するので、年層は数えられません。 氷床コアの年代を決定するために、科学者たちは、酸素や水素の異なる同位体の揺らぎと深海の堆積物コアの揺らぎとを単純に一致させてきました。そして深海コアは、氷河期の成因に関する天文学に基づく理論に単純に一致しているとされてきました。これは、氷河期の神秘を説明しようとするために考え出された60以上の理論のうちの根拠の弱いメカニズムの1つにすぎません。46これは基本的に循環論法を行っているに過ぎません。

その一方で、ノアの洪水の間の火山活動とそれに付随する他のプロセスは、地球の海を暖めました。そして、蒸発と降雨の増加を引き起こしました。 それゆえに、グリーンランドと南極の氷床は、洪水後の期間に急速に成長したでしょう。 現在の降水量では、グリーンランド氷床はたった5000年で形成され、南極氷床はわずか10,215年で完成するでしょう。しかし、約700年続いた洪水後の急速な氷河期では、氷床はずっと速く成長しました。 年間の積雪量はずっと多く、夏の融雪はずっと少なかったでしょう。このようにグリーンランドと南極の氷床は、洪水の後何百年もの間急速に成長し、6最終的に、今日一般に観測される定常状態に達しました。このことは、それらの氷床の中の氷の量がたった約4,300年の古さ、つまり洪水後の年数として予想されるものであることを意味します。

ですから、あなたが氷床や世界の他の出来事について信じていることが、科学データの分析と解釈の仕方を決定する一方で、聖書の地球の歴史を受け入れることがあなたを真実に導くのに相応しいことは明らかです。これは科学だけでなく、神と人類との交わり、そしてこの世界に対する神の計画と目的にも当てはまります。

南東グリーンランドからのGlacier Girlの回収

wikipediaP-38-Lightning-head-on

Glacier Girlは、第二次世界大戦中にグリーンランド氷床南東部に着陸を余儀なくされた6機の航空機うちの1機に付けられた」新しい名前です。すべての男性は生き残り、後で救助されました。その後航空機は何年にもわたって雪と氷に埋もれました。裕福な起業家であるPat Eppsは、航空機を回収することにしましたが、最初は見つけられませんでした。11年間の捜索の後、彼らは航空機が元の位置から1.6 km(1マイル)離れたところの、79 m(260フィート)の氷の下に埋められているのを発見しました。このことは衝撃的でした。しかし、彼らは、かなりの努力の末、バラバラになった1機の航空機を地上に引き上げることに成功し、後に組み立て直されました。私はたまたまケンタッキー州南東部のミドルズボロを訪れましたが、そこではGlacier Girlの修復が終っており、そして修復責任者が言うには、捜索機は航空機が約10 m(33フィート)の雪の下に埋められており、回収するのは簡単に思えたそうです。

推定埋没深度は、おそらくグリーンランドの平均降水量に基づいて算出されましたが、実際には南東グリーンランドの降水量は70 cm /年(28 インチ /年)を超えています。このような激しい降水量は、氷河期の間に氷床が最初に発達していた時に、いかに速く雪と氷がグリーンランドに蓄積できるかを教えてくれます。

参照文献と注釈

  1. GISP2 stands for Greenland Ice Sheet Project. 本文に戻る
  2. Seely, P.H., The GISP2 core; ultimate proof that Noah’s Flood was not global, Perspectives on Science and Christian Faith 55(4):252–260, 2003. 本文に戻る
  3. Vardiman, L., Ice Cores and the Age of the Earth, Institute for Creation Research, Dallas, TX, 1993. See also Vardiman, L., Rapid changes in oxygen isotope contents of ice cores: caused by fractionation and trajectory dispersion near the edge of an ice shelf, Journal of Creation 11(1):52–60, 1997; Woodmorappe, J., Greenland ice cores: implicit evidence for catastrophic deposition, Journal of Creation 16(3):14–16, 2002. Return to text. 本文に戻る
  4. Oard, M.J., The Frozen Record: Examining the Ice Core History of the Greenland and Antarctic Ice Sheets, Institute for Creation Research, Dallas, TX, 2005. See also Oard, M.J., A tale of two Greenland ice cores, Journal of Creation 9(2):135–136, 1995; Oard, M.J, Do Greenland ice cores show over one hundred thousand years of annual layers? Journal of Creation 15(3):39–42, 2001; Oard, M. J., Wild ice-core interpretations by uniformitarian scientists, Journal of Creation 16(1):45–47, 2002; Oard, M.J., New ice core records 120,000 years? 2003; Oard, M.J., Ice cores vs the Flood, Journal of Creation 18(2):58–61, 2004; Oard, M., Vardiman, L., Wieland, C., Cold comfort for long-agers, Journal of Creation 19(3):51–53. 本文に戻る
  5. Meese, D.A., Gow, A.J., Alley, R.B., Zielinski, G.A., Grootes, P.M., Ram, K., Taylor, K.C., Mayewski, P.A. and Bolzan, J.F., The Greenland Ice Sheet Project 2 depth-age scale: Methods and results, Journal of Geophysical Research 102(C12):26,411–26,423, 本文に戻る
  6. Oard, M.J., Frozen in Time: Woolly Mammoths, the Ice Age, and the Biblical Key to Their Secrets, Master Books, Green Forest, AR, 2004. Return to text. 本文に戻る

Helpful Resources